FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸戦型ガンダム #11

今回はブロ友のJoniponさんから、肩や足にある長穴はどうやってるの?
という質問がありましたので答えたいと思います。

長穴

長穴というのは上の写真みたいなモールドのことね。


先ず道具を紹介したいと思います。

IMG_6832.jpg

下からBMCタガネ(0.15mm,0.2mm,0.3mm,0.5mm)。
ウェーブ社の筋彫り用ニードル。
どこのメーカーか分かりませんが極細の彫刻刀(平刀)。
自分はこれらの道具を使って筋彫りやディテールを彫り込んでます。

さて、今回の長穴は先ずテンプレートを用意します。
下の写真みたいなやつね。

IMG_6833.jpg

市販のテンプレートにいい穴がなかったのですが、
スリット入りプラ板(右の白いモールドが入ったやつね。)に丁度いい穴がありましたので
今回はこれを利用しました。

IMG_6836.jpg

ニードルでなぞりながらタガネ、デザインナイフ等で穴を開けてやります。
穴を開けたらペーパーで綺麗にしましょう。
そして透明プラ板を用意します。
透明でなくても構わないのですが透明の方が透けて見えるので位置合わせし易いと思います。
そして下図のようなテンプレートを自作します。

IMG_6837.jpg

後は自作したテンプレートをセロテープ等でパーツに張り付けて
紹介した道具で彫るだけです。
R部分はニードルでなぞるのがやりやすいです。
直線部分はタガネの方が深く掘れます。
まあ、道具はそれぞれ一長一短ですね。
適した場面によって使い分けるのがいいと思います。
最後はペーパーで綺麗にして完成です。


以上、長穴の作成方法でした。
読んでくれた人の参考になれば幸いです。

話は変わりますが、

IMG_6828.jpg

買ってしまいましたEz-8。
こうやって積プラって増えていくんですね…
コイツは陸ガンと並べられるのはいつになるやら。



それではまた。
スポンサーサイト

陸戦型ガンダム #10

今回は足の改修箇所の紹介。


LEG UNIT

足全体

全体的に太目に製作してあります。
部位ごとにみていくとしましょう。

先ずは太腿から膝関節にかけての改修。

太腿


太腿は上部モールドのラインで3分割にし0.5mmづつ、計1mm太くしてあります。
またついでに上部ユニットを切り取って塗り分けし易くしました。
塗装後接着剤でがちがちにくっつける予定。上手くいけばいいけど…
太腿下の処理はMGを参考に削り込み。
膝関節はそれっぽい筋彫りを入れました。


脹脛


脹脛はパーツそれぞれの取付け部で0.5mmづつ延長。
内側に0.5mm、外側に1mm、計1.5mm太くなってます。
ニーアーマー内側はモールド入りプラ板で塞ぎました。
また脹脛内側にフィンを追加しました。


FOOT.jpg


このキット最大の泣き所足首はダブルボールジョイント方式にしました。
これで元キットままだと脛からしか曲がらなかった関節が
しっかり足首から曲がるようになりました。
アンクルアーマーは片側にボールジョイントで留める方式に変更しました。
また、アンクルアーマー裏側のダボ穴は除去しました。


以上、
陸戦型ガンダムの改修箇所の紹介でした。
4回に渡って紹介しましたが、結構時間かかりました。
次からは改修箇所を紹介しながら更新していこうと思います。
最後にまとめてやると、かなりめんどいことがわかりましたので。


さて、次の作業はいよいよサフ吹きです。
キズがないことを祈りつつ…

それでは、また。

陸戦型ガンダム #9

本日は武器類を紹介。

WEAPONS

IMG_6768.jpg

武器は3種類用意しました。
ビームライフルはBD3号機から。
100mmマシンガンと180mmキャノンはキット付属のものを用意。

ウェポンズ

上の写真を見ての通り180mmキャノンは収納をオミットしてあります。
武器の改修箇所は写真の通りです。


SHIELD

盾

上の写真を見ての通りかなり手を加えました。
取っ手は塗り分けし易いように切り取ってあります。


BACK PACK

バックパック

バックパックセンター付近にモールド入りプラ板を埋め込み。
また、上部アーム付け根がトイ感全開だったので市販パーツを取付け。
バーニア付近はMGを参考に筋彫りを加え、バーニアは市販パーツに置き換え。
ウェーブ社のバーニアの組み合わせです。

IMG_6819.jpg

180mmキャノンの収納箱はマグネットで取付け予定。
あまり上手くくっつかないし、どうせ収納はできないので箱は作らないかもしれません。
というかネオジウム磁石を万能磁石と勘違いしてました。
プラを挟むとかなり磁力は弱まりますね。
2個、3個くらい埋め込めばよかったんだけど後の祭りですね。
次回から気を付けるとしようかと。



後は足のみですね。
それではまた。

陸戦型ガンダム #8

昨日の続きです。

SHOULDER


IMG_6756.jpg

取付け方法を軸を通す方法に変更。
内側を0.5mm、外側を1mm延長。
フックはプラ材で新造。

IMG_6760.jpg

ボディへの接続方法を変更したことにより
肩装甲内部のダボ穴等が丸見えになったので削りとってはプラ板でそれらしく。


ARM UNIT


IMG_6782.jpg

上腕は筋彫りを入れたのみ

IMG_6781.jpg

関節は後ハメ加工し、
写真のように切り取って肘カバーを製作。
また肘関節内側センターにプラ材を張り付け。

IMG_6743.jpg

前腕はシールド取付け穴を移動。
また、手首カバーを市販パーツに変更。
本来手首カバーは丸いのだが、敢えて四角にしてあります。
まあ好みの問題ですね。
拳はHDMです。


WAIST UNIT

IMG_6746.jpg

リアスカートを独立可動化。
前センター部分を取付け部で1mm延長。
また、見えてないがV字マークは切り取ってプラ材で新造。

スカート


スカートは上写真のようにプラ材で装甲内部を製作。
フロントスカートは外側に1mm延長。また、下部内側付近を0.5mm延長。
リアスカートは下部を2mm延長。


本日はこの辺で。
続きはまた明日以降にでも。

陸戦型ガンダム #7

さて、前回の予告通り改修箇所を纏めようと思います。

HEAD UNIT

IMG_6726.jpg

V字アンテナを2mm程短く。
クマドリと目は削り落としてプラ板で作り直し。
目はHアイズを取り付ける予定。
フェイスにクマドリから流れるラインを掘り込み。
庇の先端を目が柔らかく見えるくらい削り込み。


IMG_6763.jpg


メットを前後に1mm延長。


IMG_6731.jpg

フェイスはメットから切り離して後ハメ加工。
メットを1mm延長したことによってフェイスも1mm前に出してあります。



BODY UNIT

IMG_6733.jpg

胸部はセンターで分割して横に2mm延長。
その際、首回りはもとのままの長さにしたいので、分割の前に首回りを切り取り。
(これを一つのパーツでできたら神業だと思います。私は2パーツ使いました。)
ダクト部のフィン、マシンガン等は塗装後付ける予定。
下っ腹1mm延長。
首回りも上に1mm延長。
首はHi-vガンダムのものをぶった切ったもの。


ボディ


ボディ上部はプラ板で塞ぎました。
そうすると肩関節が取り付けられなくなるので
肩関節を上下反対に取り付けます。
肩の取付け位置は変えたくないので切り取って元の位置に取り付けます。
また、横に2mm延長したことによって首回りがスカスカになるのでプラ板で塞ぎます。
それからコクピットハッチ上部を0.75mm延長してあります。
横に2mm延長したことによって脇は逆に左右1mmづつ詰める。


とりあえず、本日はここまで。
続きはまた後ほど。
NEXT≫
Profile

noblesnow

Author:noblesnow
HGUCを中心に製作してます。
FSSやサンライズリアルロボにも興味あるのでいつか製作したい。

参加サイト
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
FC2カウンター
更新情報
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
noblesnowにメッセージ

アドバイス等いただけたら幸いです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。